●レメディーのとり方

● とり方

レメディーは、おくちの中に入れて溶けるのを待ちます。

基本的にレメディーをとる20分前後は口の中に何も
入れないのがおすすめです。

しかし時間的に余裕のない場合はあまり時間を気にせず
レメディーをとってください。

ただし、コーヒーや香りの強いもの(ミントが含まれている歯磨き粉など)は
レメディーに影響を与えることがあるので、できたらレメディーをとる
20分前後は避けることをおすすめします。

また、レメディーをとっている期間中はできるだけコーヒーを
飲まないようにしたほうがいいです。
レメディーの情報を消してしまう場合もあるといわれています。

レメディーをとる本人以外はレメディーに触れないようにすることが
ポイントです。多少指が触れただけでも人のエネルギーがレメディーに
入ることがあります。

しかし、緊急時や赤ちゃん、動物などに与える場合は手にとって
すばやく口の中に入れてあげて構いません。

時間に余裕がある場合は、スプーンなどを使ってレメディーを口の中に
入れてあげるか、レメディーを水に入れて溶かしてその水を飲ませて
あげてください。

●取扱い

[保管場所]
香水、メンソール、ミント、樟脳、ティーツリーオイル、他精油などの
香りが強い場所は保管に向いていません。

[温度]
なるべく0℃〜40℃の冷暗所に保管してください。
冷蔵庫では保管しないでください。
*高温になる夏の車の中は注意してください。

[電磁波]
あまり神経質になる必要はありませんが、冷蔵庫の中、レンジ、
IH調理器、パソコン、テレビ、携帯電話などの近くはお避けください。
(電磁波防護袋の中に入れての保管・持ち運びが一番安心です。)